toggle
2019-04-14

I love me! 可愛くない下着は、もういやだ!

可 愛 く な い 下 着 は 、 も う 嫌 だ !


「かわいいおしゃれな締め付けない下着」として販売している当社ですが、
なぜ、かわいくておしゃれなものにこだわるのかをお話しします。

誰かに見せたいからとか、人に向けてかっこ付けたいからではなく、私は率直に「かわいいデザイン」が大好きです!

いくら楽でも、健康に良くても、気に入ってないものを長時間着用することがわたしにとってはかなりのストレスです。

 

中学でも、高校でも、校則だからって理由で自分のしたい格好を出来ないことも、
ゴムの色は何色だとか、髪の毛は耳よりも下でむすばなくてはいけないだとか、
お化粧しちゃダメだとか、スカートの丈はココだとか、
なんでなのか理由のわからないことを強制されることがとてもつらくて、
息苦しかったことを覚えています。

 

高校を卒業した時、これからは毎日好きなお洋服を着てもいいし、
好きなようにお化粧してもいいし、誰かに怒られること無く、自分の選択で身に付けるものを選べることが本当にうれしい!と思っていました。

 

高校を卒業して、服職の専門学校に入ってからは益々おしゃれがすきになり、趣味も遊びもお洋服♡という生活を長年過ごしていました。

 

それが冷えとりをしてからは、バカボンのパパみたいに腹巻きして、
らくだの股引はいて、ダッサイゆるめのパンツはいて
市販のブラトップは締め付けて苦しいから切り込み入れてと、楽!だけを優先した結果、

 

自己肯定感はどん底まで下がったし、自分が本当は何が好きなのかまでわからなくなるという不幸がやってきました。

履いてて楽だけど、かわいくない下着は

トイレにいって下着が目に入るたびに、

お風呂はいる時に下着を見るたびに、

 

はぁ〜私だっせー!

と自分にNOをだしてしまい、それが本当に、絶望的につらいことでした。

 

機能だけで選んで締め付けない下着を選んでいた時は、いまのような良さを感じていませんでした。

 

35度台の低体温から基礎体温が上がっていったのも、自分で制作した下着を付け始めてからです。
かわいい♡はきやすい♡素材がいい♡苦しくない♡ が揃って初めて、締め付けない下着の良さをぐんぐんと実感し、食べ物ハチャメチャ、なのに益々健康で自分らしく還っていくという不思議を実感していきました。
蒸れなくて、サラサラしてて、かわいいし、洗濯機で丸洗い出来るって本当に素晴らしいです。

 

仕事もしたいし、家事もしたいし、子育て中でもあるので、毎日下着を手洗いするという手間を省けることで、
その分自分のケアに時間を割けることもありがたい。

しかも、下着の布素材で使用している「麻」という素材は魔除け物、縁起物らしい。

神社のしめ縄にも、神主さんにお祓いしてもらう時の棒にも麻が使われています。
子孫繁栄、事業拡大の縁起物と言われていて、麻は触れていれば触れているほど幸せになる素材なのだそうです。

パンツが覆っている骨盤のなかには、人間のお宮と言われている子宮があります。

なので麻の下着を履いて、子宮まわりの血流が整えば、自分が神社でパワースポットになれるのではないかと思います♡

 

いくら素材が良くても、自分で自分に絶望するパンツを履いていたら。。。

なんかしっくりこない、ご利益のないさみしい神社になってしまいそうです。

 

子宮メンテナンスと、お祓い素材の下着で、自分で自分を神社やパワースポットにチューンナップさせていきましょう!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。